ひと握りのネタに江戸の活(いき) 仙台 小判寿司
電話:022-222-0354
小判寿司 contents HOME お品書き 旬の素材 店舗案内
スミイカを塩で
スミイカを塩で
金目(鯛)の昆布締め
金目(鯛)の昆布締め
赤ムツの炙り
赤ムツの炙り
小鰭(こはだ)
小鰭(こはだ)
ホッキ貝
ホッキ貝
平目の昆布締め
平目の昆布締め
山形県 山寺
山形県 山寺

松尾芭蕉の句で知られています

 

 

紅葉
紅葉

奥の院まで石段が1050段あります。

名物の゛玉こんにゃく”を食べながら、

約1時間半で到着。 

鮑の塩蒸し
鮑の塩蒸し
しゃこの漬け込み
しゃこの漬け込み
うに
うに
シャコ
シャコ
仙台.みやぎ観光おすすめスポット  
仙台.みやぎ観光おすすめスポット  

日本三景  松島

 

ようこそ !! 仙台・宮城へ
ようこそ !! 仙台・宮城へ

むすび丸も大歓迎。 宮城の寿司は美味しいよ。

4月
4月

わさびの花

天然のホタテ
天然のホタテ

さすが、天然もの。 身がプリプリです。

金目(鯛)
金目(鯛)

昆布締め

あさりの握り
あさりの握り
 幻のぶどうえび
 幻のぶどうえび

 

 

政宗公は男前!
政宗公は男前!

 伊達六十二万石の居城、青葉城跡に立つ

 独眼竜政宗公

仙台.みやぎ観光おすすめスポット  大崎八幡宮
仙台.みやぎ観光おすすめスポット  大崎八幡宮

伊達政宗公 創建。 どんと祭で全国に知られています.

華麗な桃山建築は見ごたえがあります。

国宝 大崎八幡宮
国宝 大崎八幡宮
お座敷で
お座敷で

蘇枋(すおう)の間

5~6名様までご利用いただけます

今年も東北楽天を応援します
今年も東北楽天を応援します
玉子焼の完成です
玉子焼の完成です

芝えびと平目入り

しおがまさま (塩竈神社)  4月
しおがまさま (塩竈神社) 4月
小柱
小柱
サワラ
サワラ

昆布締め

カスゴ
カスゴ

カスゴ(春子)の昆布締め

はまぐり
はまぐり
こはだ
こはだ
そろそろ閉店
そろそろ閉店

本日もご来店いただきありがとうございました

宮城の地酒いろいろ
宮城の地酒いろいろ

宮城の杜氏さんの気合入り。

 蔵王
 蔵王

白石市の蔵王もお勧めです。

お座敷 紫の間
お座敷 紫の間
むすび丸
むすび丸

仙台・宮城観光PR担当の課長さんです。

閖上(ゆりあげ)の赤貝は日本一
閖上(ゆりあげ)の赤貝は日本一
スミイカ
スミイカ
さより
さより
くるまえび
くるまえび
青森のまぐろ   冬
青森のまぐろ   冬
店内 笹切りいろいろ
店内 笹切りいろいろ
ぶどうえび
ぶどうえび
仙台名物 焼きハゼ
仙台名物 焼きハゼ

仙台雑煮には欠かせません

焼きハゼで上品な出汁(だし)がとれます

ガゼうに  6月~8月
ガゼうに  6月~8月
鮑の塩蒸し    夏
鮑の塩蒸し    夏
 松皮鰈
 松皮鰈
赤貝
赤貝

今年の赤貝は素晴らしいです

ほや
ほや

天然物

青森十三湖産  大和しじみ
青森十三湖産  大和しじみ

みやぎ北上川のべっ甲しじみの復活を

心待ちにしています

しゃこ
しゃこ
とり貝
とり貝
ボタンエビ
ボタンエビ
タイラギ(左)と帆立(右)
タイラギ(左)と帆立(右)
シャコ
シャコ

桜の花が咲く頃に美味しくなります

サヨリ
サヨリ

針魚、細魚とも書きます。

赤貝の紐の握り
赤貝の紐の握り
赤貝の香りと甘味
赤貝の香りと甘味

冬から春までの頃が旬です。

上品な潮の香りが食欲をそそります

春の訪れ その3
春の訪れ その3

和歌山県 串本港 本マグロ 67キロ

今年になって、本マグロの不漁が続きましたが

ようやく自慢できるまぐろが入りました。

カキ    冬
カキ    冬
春の訪れ その1
春の訪れ その1

シラウオ    七ケ浜産  軽く塩を振りましたので、そのままお召し上がりください

バフンウニ
バフンウニ

北海道根室産

なるべくミョーバンを使用していない無添加のものを。

2月20日
2月20日

鯨のベーコン

生のものが入荷した際に、五時間ほど塩漬けし蒸して仕上げます

平成29年 本年もよろしくおねがいします
平成29年 本年もよろしくおねがいします
マスノスケ
マスノスケ

鱒之介 別名 介ます、大ます、

英名 キングサーモン

数の子 
数の子 
11月26日 今日のマグロ
11月26日 今日のマグロ
長崎県壱岐 116.0キロ 本マグロ
カキのおいしい季節到来。
カキのおいしい季節到来。
宮城県 奥松島 鳴瀬の牡蠣
くじらのベーコン
くじらのベーコン
あさりの漬け込み
あさりの漬け込み
平目 (青森から)
平目 (青森から)
秋~冬
秋~冬
帆立貝
11月 
11月 
新ガリ 甘さ控えめで。
子持ち昆布 アラスカ産
子持ち昆布 アラスカ産
いくらの味噌漬け
いくらの味噌漬け
酢飯
酢飯
秋
さば 。   しめ鯖にして。
煮ホタテ
煮ホタテ
ヤリイカのゲソ
ヤリイカのゲソ
煮いかにして
カツオ
カツオ
和からしで握りました
11月1日 今日は全国すしの日です
11月1日 今日は全国すしの日です
久しぶりに真蛸が入荷。 塩もみをしてから茹で上げました。
11月1日 今日は全国すしの日です
11月1日 今日は全国すしの日です
本日のまぐろ 大間 106.0キロ
11月1日 今日は全国すしの日です
11月1日 今日は全国すしの日です
しめ鯖。  仕込んでから3日目、本日食べごろ。
11月1日 今日は全国すしの日です
11月1日 今日は全国すしの日です
小柱です。 甘酢で洗い、まな板の上でポンと叩き、 もみ海苔とワサビで和えて煮切りをつけます。
9月
9月
赤酢のしゃり
9月
9月
新イカのゲソにぎり
9月
9月
9月
9月
こはだ
9月
9月
新もの イクラ
9月
9月
さんまのすし
9月
9月
赤貝解禁
これは何でしょう?
これは何でしょう?

ほや(天然もの)です。 酢の物でお召し上がりください。

アジ(生)
アジ(生)
大目鱒(トキシラズ)
大目鱒(トキシラズ)
うに
うに
むしあわび
むしあわび
カスゴも成長しました
カスゴも成長しました

美味しいものをたくさん食べて、あっという間に大きくなりました

呼び名も小鯛でしょうね。

エビのオボロ
エビのオボロ

上品な味に仕上がりました。

光物のネタ(サヨリなど)を握る際に使います。

〆は干瓢巻で
〆は干瓢巻で

当店自慢の一品

ぶどうえび
ぶどうえび

金華山沖の深海に生息する葡萄色をしたエビ。

濃厚な甘みと、とろけるような舌触りが特徴です。

残念ながら年々漁獲量が減り、入荷は不定期です。

ずわいがに
ずわいがに

日本海 新潟産。

たいら貝(たいらぎ)
たいら貝(たいらぎ)
あおやぎ
あおやぎ
さわら
さわら

さわら(鰆)の昆布締め。

赤酢のしゃり
赤酢のしゃり

鮨』はネタよりもシャリの出来ばえに気を使います。

甘さを抑え、キリツとした、男前の舎利をご賞味ください。

なかずみ2
なかずみ2

仕込みをしてから、冷蔵庫で一週間ほど熟成させた味もすてがたい。

マスノスケ  3月から4月ころ
マスノスケ  3月から4月ころ

鱒之介(ますのすけ) サケ科の海水魚、全長1メートル以上2メートルに達するものもあります。

別名 おおすけ  英名 キングサーモン

炙ってから、づけにしました。

カスゴ
カスゴ

春子(かすご) タイの幼魚です。 軽く締めました。

 

なかずみ
なかずみ

江戸前寿司にこのネタが無いと。.....

塩と酢の加減が仕込みのポイントです。

ぜひ、ご賞味ください。

本みる貝
本みる貝

甘みがあって、コリッとした食感がたまりません。

炭火で焼くと一段とおいいしい。

ホタテ貝
ホタテ貝

天然ものです。

いか酢
いか酢

茹でたイカを切りつけし、握る際に甘酢で洗います。

シラウオ
シラウオ

しらうお(白魚)、 しろうお(素魚)とよく似ていますが。

サヨリ
サヨリ

さより (細魚)

盆ざるで軽く塩し→ 水洗い

煮いか
煮いか

江戸前の仕事

はまぐり (蛤)
はまぐり (蛤)

貝をむき、ゆでてから開いて漬け込みにします。

今年は入荷量が少なくて。・・・・

スミイカ
スミイカ
ぼたんえび(北海道 噴火湾)
ぼたんえび(北海道 噴火湾)
もみじ
もみじ

宮城調理製菓専門学校に於いて、 寿司授業の講師団の一人として

若い生徒諸君に江戸前寿司の魅力を教えてます。

ネタの仕込み方、すしの握り方の他にも化粧笹(盛り付けに使用)の勉強もします。

秋のテーマは”もみじ” 。本来は笹の葉を折り出刃包丁で切りますが、練習では

ろう紙を用います。

生(なま)ちらし
生(なま)ちらし

ちょっとぜいたくな、ちらし寿司です。

ネタの説明......。 しゃりの上に刻んだ干瓢とガリ、 もみ海苔、

だしまき玉子&薄焼き玉子、 おぼろ(自家製)、椎茸 、酢バス(レンコン)、赤いか鳴門巻き、

しんこ、いくら、中とろ、赤身、さわらの昆布締め、イカ煮、蒸しえび(活車えび)、あさり漬込み。

マコガレイ
マコガレイ

透明感のある美しい白身です。

味も上品で,ポン酢でも塩でもおいしい。

マコガレイの他にも星鰈、松皮鰈も入荷します。

お好みのネタは何でしょう?
お好みのネタは何でしょう?

多摩市にお住まいのイラストレーター 大須賀ケイ様から、

似顔絵を送っていただきました。

男前?に描いていただき、ありがとうございます(店主)

車えびと玉子焼き
車えびと玉子焼き

車えび・・はるばる鹿児島から航空便で活きたまま入ります。

串に刺して茹で上げれば、・・・ きれいな色でしょう。

薄焼き玉子・・・芝エビと白身魚を一緒にあたって焼き上げました。

酢飯の酸っぱさと、ほんのり甘い玉子焼きの組み合わせがおいしいんです。

伊豆の山葵
伊豆の山葵

すしにワサビは付き物ですが、やはり伊豆産のものがNo1です。味、香り、辛みは最高ですネ。長いお付きあいの、井上さんから送っていただいてます。
静岡県伊豆市姫之湯 190  井上千明さん
電話 0558-83-0210

”江戸前の味”の決め手
”江戸前の味”の決め手

創業55年になります。初代からの味をなんとか守りぬこうと奮闘中です。

当店の味を支えてくれている脇役たちを紹介します。

【醤油】   和歌山県 三ツ星醤油   本物醤油

【みりん】  愛知県 三河みりん

【赤酢】   千葉県 私市(キサイチ)醸造 江戸前赤酢 純米吟醸酒粕を4年間熟成。

【塩】    香川県 藻塩工房 天日乾燥 手作り

【ごま】   三重県 九鬼産業 国産金ごま

【たまり醤油】 天然醸造 三重県 東海醸造 大豆と塩だけ 添加物なし

TOPへ戻る
Copyright(C)kobanzushi. All Rights Reserved.